上の映像が見れない人はこちらでもご覧になれます

      



あと、、、
(14年7月現在)
COLORS通信
「こたえてちょーだい」エロおやじなどでお馴染みの3人がCOLORSというグループって知ってましたか? いえっ、別に知らなくてもいいんですが、、、ちょっとは知りたくありません?

ただいま、COLOSの事が5通のメールでわかるCOLORS通信を無料配信しております。
サイトでは伝えきれないオモシロ話満載です。全て読むとお宝映像をプレゼント
ご希望の方はこちらにお名前(ニックネーム可)とメールアドレスを登録ください
※携帯アドレスですと、全文が読めない場合がございますのでお気をつけください
お名前(ニックネーム可)
メールアドレス


お笑いのDVDといえば、ライブを編集したものがほとんどですが、『COLORSコレクション』は、
これまでライブで演じてきた『感動喫茶』『吹き消してごらん』『人間園』の3本のコントを、ストーリーも新たに生まれ変わった、
オールロケのショートフィルムDVDです。

『COLORSコレクション』は、お笑いではなく、コメディーショートフィルムです。


COLORSコレクション  作・演出 石山博士

『感動喫茶』 監督 松井英泰
コーヒーに『感動』がセットで出てくる『感動喫茶』は、お客さんが満足する感動ではなく、マスターとウエイターの2人が納得いく小芝居で、料金はコーヒーに含まれている。どこかの町にあってもおかしくない喫茶店だが、たぶんどこにもないだろう。


『吹き消してごらん』  監督 後藤美和
ライブ映像からショートフィルムにつながる作品。ライブで演じる石山博士のヒロコちゃんが、妙に色っぽいという評判だが、ショートフィルムにつながったときのヒロコちゃんはダレ?そして、この作品で、石山博士は3役演じている。さて、すべて分かるだろうか?


『人間園』 監督 立浪仁志
ちょっと近未来の話。関西弁だけしか話せない『20世紀人間』には人間の言葉は分かるのに、檻の外の人間達には、関西弁が通じない。そんな近未来は来ないし、世の中の関西人を敵に回す恐れのある作品のはずが、なぜか最後は哀愁漂う作品に。


特典映像
『DA☆MONNE下北』 監督 立浪仁志  

敷金、礼金、家賃も取らない『夢不動産』は、夢の大きさで部屋を貸している。すべり止めの大学に合格して、とりあえず田舎から『学生が住みたい街NO1』の下北沢にやってきたコウタは、ウソの夢で部屋に住むことになる。なれもしない夢に向かっている住人と、夢まみれの街シモキタに翻弄され怒りが爆発するコウタ。シモキタに住むダレもが「夢があるから、シモキタに来たんだもんねぇ?」コウタが自分と夢に出す答えは?


石山博士が、この脚本を書いてるときに聞いていたのが、木根尚登さん(TMネットワーク)の曲 『始まりの場所』で、木根さんにお願いして主題歌としてつかわせてもらった。

DVD購入者の声 (BBS誠意返しより)
誠意のDVD、無事に届きました。
1つ1つ手書き・・ってのが嬉しかったです。もちろん、DVDも楽しめました。
『感動喫茶』の首吊り未遂シーン&『人間園』で子供がピアニカで音外して、
福島さんがカクッ!ってなるシーンが面白かったです。
それと『下北』の銭湯シーンで福島さんの美尻、何度もリプレイで見させていただきました。
ごちそうさまでした
先日、DVDが届きました。届いた日はまだ寝ていたのですが…
母に「なんか誠意のDVDってのがきたわよ」と起こされました。
ほんとに宛名の横に書いてありましたね(笑)いい目覚めをありがとうございます!

今年のライヴに行けなかったので久々のカラーズでしたが、やはり面白いです。
『吹き消してごらん』のライヴ映像も懐かしかったし。
『人間園』大好きです。子供とふれあう二十世紀人間に笑いつつ、ちょっと感動しました。
しばらくは「なんでやねん」が口癖になりそうです。
このDVDでいろんな“嬉しい”を感じました。

COLORSは知っていても、そのパフォーマンスは全く知らなかったから、
それをDVDで見ることが出来るからDVDの発売はとにかく嬉しかったです。
そのDVDを福島さん自ら“誠意のDVD”として私の手元に届けてくれ、
人柄と意気込みをものすごく感じました。

内容が想像以上に私好みで、届いたその日だけでも何度も見ました。
もちろん、今もほぼ毎日見ていますが、全く飽きません。

単純な笑いとシュールな笑い、考えさせられる部分もありつつ感動し、目頭が熱くなる・・・
ライブとは違った形での表現が、ライブ映像とリンクすることによって、
さらによく伝わってくるんです。

第二弾もライブDVDもみたいけど、私にとってまだ未体験のライブがすごく見たくなりました。
作り上げるパワーを肌で感じたくなりました。

ちょっと、硬かったかな?
でも、ホントに嬉しかったんです。
DVD、作ってくれてアリガトウでした


本編3本と特典映像2本で90分。見ごたえのある作品です。
とはいえ、10,000枚のDVDってすごい量です。6畳の部屋の4畳半が完全に埋まりました。





DVDのヒットは3,000枚だそうで、10,000枚は大ヒットだそうです。ということは完売したら大ヒットです
自分の部屋なのに使えるスペースが1畳半になったが、ダンボールが減り、3畳の広さになったらヒット、6畳間に戻れば大ヒットかと思うと、ワクワクして、、、こない。やはり狭い。そんな部屋にTMネットワークの木根さんが来て、唖然としてました。



木根さんがDVD10,000本を目の前にした時の様子が聞けます



で、こうして考えると売れない理由が見つからないんです。12月1日現在、あと8,600人分のDVDしかない。んッ?しか?

早くしないと、売り切れます。
ちなみに、どんなに追加注文が来ても10,000人分しか作りません。

これ以上の手書きは、腱鞘炎も心配ですが、それ以上に、郵便番号を覚えて、郵便番号フェチになってしまいそうです。
勘弁してください。そんな無敵&無根拠な気分で、部屋に戻るとこんな感じだったので、




こりゃぁ、ただ事じゃない枚数なんだという実感をします。
誠意も届いてるのか届いてないのか、もしかしたら東京よりも、もっと誠意が届く場所(誠意の聖地)がどこかにあるハズで


そこは、、、そうだ


富良野だ!!


富良野のお土産に『誠意のカボチャ』というのがあるの 知ってます?

これは『北の国から 92巣立ち』の話からできたお土産で、 純(吉岡秀隆)がたまこ(裕木奈江)を妊娠させて、純の親父、五郎さん(田中邦衛)はすっとんで来るんですけどね、畑で取れた『かぼちゃ』を、小汚いかばんに6個詰め込んでくるんですよ。 ひたすら頭を下げてる2人に対して叔父さん(菅原文太)、これは叔父さんが菅原文太ってところが大事なんですけど、文太さんが静かに言うんですよ。



「あんたはさっきからそうやって頭を下げて誠意、誠意というけれど誠意ってなにかね?」


これ、名ゼリフです。
で、カボチャは受け取られずに、北海道に帰ってもずっと『誠意』という言葉が引っ掛かってた五郎さんは、丸太小屋を作ろうと思ってた丸太を売ってお金を作るんです。そのお金をたまこの叔父さんに、誠意として送ったんですけど返されてしまうんです。「あんたの誠意はわかった」と。 そんなときに喫茶店で耳にした歌が、長渕剛の 「西新宿のおやじの歌」

「やるなら今しかねぇ 、やるなら今しかねぇ 、66の親父の口癖は やるなら今しかねぇ」


だいぶ省いて説明しちゃいましたが、富良野が『誠意の聖地』ってわかってもらえました?

やるなら今しかないので、誠意の聖地『富良野』に向かって全国キャンペーンに出ました。スタートは富良野と真逆の鹿児島です。
富良野が誠意の聖地なら鹿児島は誠意発祥の地です。COLORSは3人ですが、キャンペーンはリーダーの福島カツシゲだけで行ってます。他の2人は、、、見守ってます


リーダーって、一番エライのではなく、一番ツライのだということにようやく気づきました。COLORSというグループは、福島カツシゲをリーダーに決めたのが石山博士と若林幸樹なので、若干2人の方がエライ。

全国をキャンペーンするのはいいんですが、なぜか、自転車です。鹿児島から富良野まで自転車です。マウンテンバイクですが、安物です。走りすぎと冬仕様のため東京で、タイヤとブレーキを交換したら、自転車本体より高くつきました。

現在(2006年12月1日)は、9月2日から始まったキャンペーンも3ヶ月が経ちました。福島カツシゲが3ヶ月かけて鹿児島、熊本、福岡、広島、岡山、大阪、名古屋(愛知)、福井、金沢(石川)富山、新潟、そして東京に戻ってきた。これから東北地方を回り、富良野に入る。もちろん富良野は、いや、日本全国、これから冬です。



お世話になったキャンペーンの足跡


現在はココにいます(ブログ熱闘!福島カツシゲ全国大会)


今までにも数々の『ひとりオモシロ企画』の無茶をやり遂げてきたんですが、いよいよ最終章?こんな時期になったのが、唯一誤算でした。いや、誤算だらけのキャンペーンです。ただ、追い詰められれば追い詰められるほど、誤算をも味方にする。


『COLORSプロフィール』
芝笑い(しばらい)グループ。これまでの舞台、テレビ、ひとりオモシロ企画


今までの福島カツシゲひとりオモシロ企画
2000年
『話し相手Japan Tour』
2001年
『富士山の山開きはオレがする』・・・詳細はこちらで読めます
『リンボーの棒返すだけ』
・・・・・・・・・・詳細はこちらで読めます
2003年
『チケット発走、発送ではなく走って届ける・・・詳細はこちらで読めます
『ママチャリで下北沢から下北半島』・・・・・・・・・詳細はこちらで読めます



とは言うものの、ホントに『誠意』だけで売れるのか?秘策はいらないのか?しばらく考えまして、
こんな秘策はどうですか?

まだ覚えてますよね?イギリスの海岸に打ち上げられた記憶を失った青年。





彼は楽譜をもってさまよってるところを保護され、ナニも語らず、静かにピアノを弾き始め、
名前も国も分からない彼の事を『ピアノマン』いつしか人は、そう呼んだ・・・

これだぁ!

お台場の海岸に記憶を失ったオッサンが打ち上げられ、さまよってるところを保護された。




オッサンの手には、1本のDVD


そして、オッサンは静かに突っ込み始めた。名前も国も分からない彼の事を、いつし
か人は『突っ込みマン』と・・・呼ばないな。


この秘策・・・すぐに無理だと思いました。そもそもお台場は、ちょっと
したホームグランドみたいなもんで、たぶんスグにバレる。

「あッ、こたえてちょーだいだ!」と。


やはり正面から正々堂々、いや、誠意誠意堂々です。

そして、12月3日いよいよ後半戦に突入します。冬到来の東北地方に向かって自転車もフルチューンナップし、
長袖も用意し、泊まる場所はイキアタリバッタリ。でも、それはしょうがないんです。その日、どこまで行けるのかは道だけが知っている。


いざ、富良野へ!



COLORS公式サイト


福島カツシゲBlog(本日も起志快晴!?)


コレクションDVDブログ

                                            
商品のご注文はこちら
送料など発送に関するご案内


ただいま、定価2980円のところ、期間限定特別価格

1,500円にて販売中


かつて誰もyたったことのない販売方法「ひとり通心販売」で、10,000枚のDVDは
完売するのか?10,000枚のDVDといったら大ヒットですよ、大丈夫ですか?

福島「もちろん大丈夫ですよ、完売します。。。いつかは」

全国キャンペーン『第39歳 熱闘!福島カツシゲ全国大会』と称し、
鹿児島から富良野に向けて自転車で走り始めて2ヶ月半がたちました。

福島「あっ、このキャンペーン中に、第40歳になってしまいました」

現在『ひとり通心販売』で、1,400本のDVDを販売し、残りは8,600本(2006年12月現在)ですが。。。

Copyright (C) f-pro2940.com All Rights Reserved.